ブルーレイレコーダー、普及品が5万円割れ

2016/12/21 22:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブルーレイ・ディスク(BD)レコーダーの店頭価格が下がってきた。家電量販店では今年発売の普及品が消費税抜きで5万円を切り始めた。出始めの10年前に比べ6分の1の水準だ。部材の価格下落や競合製品の出回りが背景にある。

普及品は記憶容量が1テラ(テラは1兆)バイトで、1度に2番組を録画できる「2チューナー」を備える。東京の量販店では現在、ソニーの「BDZ-ZW1000」の実勢価格が4万円台後半。シャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]