2019年3月21日(木)

トイレ紙・ティッシュの内需が最高に 17年

2017/1/20 15:29
保存
共有
印刷
その他

トイレットペーパーやティッシュペーパーの国内需要が過去最高となる見込みだ。インバウンド(訪日外国人)需要を追い風にホテルや商業施設向けの出荷が増えたほか、防災意識の高まりで家庭でトイレット紙やティッシュの備蓄が進んでいる。

日本製紙連合会(東京・中央)は20日、17年の衛生用紙の内需見通しを前年比0.7%増の202万3千トンと発表した。16年の201万トンを上回り過去最高となる見通しだ。同日発表した16年の生産量も速報値で過去最高だった08年を超えた。

高付加価値の保湿ティッシュ需要の伸びも影響する。王子ネピアの清水紀暁社長は「商品の品質を一層向上させて需要を掘り起こしていきたい」と需要拡大に意欲的だ。

需要の高まりを受けて、18年に日本製紙大王製紙は製造設備を拡充する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報