/

この記事は会員限定です

LNGや石炭、発電燃料安く 電気料金下げに追い風も

[有料会員限定]

火力発電に使う液化天然ガス(LNG)や石炭の取引価格が安値圏にある。2016年末から年初にかけて供給減などで急騰した要因が一巡し、LNGは直近高値に比べ4割、石炭は3割安い。価格が低い水準で推移すれば、今後の電気料金の引き下げにつながる可能性がある。

LNGのスポット(随時契約)価格は100万BTU(英国熱量単位)あたり5ドル台半ばで推移する。昨秋の韓国の原子力発電所の停止や、オーストラリアのLN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン