/

この記事は会員限定です

金、リスク志向でも堅調 「株高なら下落」定石覆し資金

[有料会員限定]

金の国際価格が堅調だ。春ごろまで米株式相場安の局面で買われていたが、金融市場がリスク志向を強め、米国株が最高値圏にあっても金からの投機資金の流出は目立たなくなった。世界的な金融緩和と低金利で余剰資金の一部が金に向かい、マネーの蓄積が厚みを増している。マイナス利回りの債券が警戒され、金利を生まない金の相対的な価値が上向いている。

ニューヨークの金先物(中心限月)は18日時点で1トロイオンス1350...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン