/

合成ダイヤ、天然品と混在も

商品部 筒井恒

米ゼネラル・エレクトリック(GE)社が合成ダイヤモンドの商業化に成功したと公表して今年で60年が経過した。合成ダイヤは研磨材として工業用途で広く活用されてきたが、合成技術が進展して、最近では宝飾品としても販売されるようになった。人工的に合成するとはいえ、天然品と同じ炭素から作られる本物のダイヤモンド。輝きや性質に差はなく、海外では合成ダイヤの市場も存在する。ただ、業界関係者らは「天然品の市場にこっそり流れ込んでいるかも」と気をもんでいる。

天然品では数千万円する色付きダイヤも比較的簡単に合成できる。

9月中旬、香港で世界最大規模の宝飾展示会が開かれた。世界中から宝飾関連業者が集まり、販売ブースを設けたり、オークションを開催したりして、業界が最もにぎわうイベントだ。そんな会場の一画に中国の合成ダイヤモンド業者が販売ブースを置いた。「Lab-created Diamond」とタグが掲げられた。3年ほど前から展示会に参加するようになったという。

合成ダイヤモンドは地中から採掘されないだけで、偽物ではない。マグマの近くで時間をかけて生成される天然ダイヤモンドに対して、合成品は高温高圧という状況で炭素から人工的に作り出す。掘り出されるまでに何万年もかかる天然品に比べ、合成品は機械の中で1~2週間でできてしまう。

都内の貴金属会社の幹部に聞いてみると「香港の展示会でブースが並びだした当初は、まだ天然品より高かった」という。製造コストが採掘コストより高く、無色透明の標準品だと2倍の値付けがされていた。そのため、宝飾市場で合成品は普及しないというのが通説だった。しかし、技術は進み、コストは下がった。今は価格にあまり差がない。むしろ合成品に割安感が出てきている。

宝飾向けの合成ダイヤモンドは中国だけでなく、イスラエルや米国などでも作られている。宝飾向けを生産販売する会社は合成ダイヤモンドであることを公言して売っている。米国の小売店では天然品と合成品の売り場は分けられており、部外者からは天然と合成の市場が分離しているように見える。

カット前の合成ダイヤ。遺骨が300グラムあれば1カラット作れる

技術の進歩で合成ダイヤモンドを作りやすくなり、新しいビジネスも生まれた。スイスに拠点を構えるアルゴダンザは遺骨から取り出した炭素をダイヤモンドにする。「故人がまだ一緒にいるのだと実感してほしい。それがこのビジネスの価値」とアルゴダンザ・ジャパン(静岡市)の法月雅喜代表取締役。同社の場合、0.2カラットのサイズで48万円で出来る。日本国内では2005年以降で1500件の依頼があったという。

同社で記者が見せてもらった合成ダイヤモンドには民間の検査機関である中央宝石研究所(東京・台東)の鑑別書がついていた。鑑別書には「合成ダイヤモンド」と書き込まれていたが、透明度や色合い、カットの美しさという品質は評価されていない。

品質評価はダイヤモンドの価値を計るために不可欠な要素。しかし、現段階で合成品は品質評価の対象外になっているという。つまり日本ではまだ市場価値がある宝飾品として認められていない。

国外はどうか。宝石の国際的な鑑定機関である米国宝石学会(GIA)は合成ダイヤモンドについて品質評価をしている。ただ、明確に天然品と分類するため、評価書類の仕様が異なる。

そもそも宝飾品としての合成ダイヤモンドに需要はあるのか。法月氏は「色のついたダイヤモンドになると格段に価格差が開く」と明かす。

ダイヤモンドは無色透明だけではない。「ブルーダイヤ」や「ピンクダイヤ」のように色がつくと、希少性の高さから、価格は跳ね上がり、天然品の場合1カラットあたり数千万円で取引される。ところが、合成品ならば比較的容易に作れ、価格も10分の1以下になる。色のついたダイヤモンドを欲しい人たちが安価な合成品を求める需要は存在する。

市場関係者が気にする最大の問題は、中古市場に流れ出した場合。ブルーダイヤのように超高級品でなければ、評価書類や鑑別書が添付されていなくても、売買できるのが今の中古市場だからだ。

「つかまされたと思う」。宝飾品の街、東京・御徒町の宝石買い取り店の店主は、中古の合成ダイヤモンドを「買い取っちゃったかもしれない」と話す。多くの買い取り店は簡易検査機器を用いて真贋(しんがん)については判断する。ただ現状で、天然品と合成品を店頭で見分ける手段はなく、高額な検査機器を保有する専門検査機関に持ち込む必要がある。買い取った後に「合成品かもしれない」と、うすうす感じつつ、専門機関に送って、本当に合成品と判断されても困る。結局、買い取ったほうもあいまいなままになる。

当然、疑念を抱いて鑑別に出す買い取り業者もいる。検査機関の担当者は「年間に数個は出合う」という。要するに合成品はすでに安価な中古品の市場に混在し始めている。

記者が宝飾用の合成ダイヤモンドの取材を申し込もうとすると、多くの関係者は、まず色よい反応をしない。そもそも話題としてもあまり触れたくないというのが本音のようだ。

宝飾用の合成ダイヤモンドの生産量はわからないが、世界で生産者は確実に増えている。輝きも硬さも同じで、肉眼では区別できない。合成品に欠けるのは、おそらく生み出されるまでに費やされる時間。ただ、天然品に並ぶ品質へと高めてきた技術開発への腐心も貴い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン