/

この記事は会員限定です

廃ペットボトル争奪戦 再利用向け、中国流出で不足

[有料会員限定]

衣料品の繊維や卵パックなどに再生される使用済みペットボトルが国内で不足している。中国などへの流出が増えているためだ。消費者に環境への対応を訴えたい飲料各社も使用済みボトルを再びペットボトルに加工する量を増やしている。回収品の入札価格は過去最高となっている。再生業者が回収ルートを多様化する動きも出ている。

サントリー食品インターナショナルは今年、ボトルに使うペット樹脂のうち2万トンを再生樹脂でまかな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン