2018年7月23日(月)

ウナギ、今夏は再び高く 稚魚不漁で店頭1割値上がり

2016/7/21 11:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 今夏は再びウナギが高い。昨年の冬に稚魚が不漁で高値だったため、スーパーや小売店は販売価格を昨夏に比べ1割ほど引き上げている。2012年の高騰以来、高値が定着したが、昨夏は稚魚が豊漁で若干安めだった。今年は土用の丑(うし)の日が今月30日の1回だけで需要が集中することも予想され、商戦は熱を帯びている。

 スーパー大手の西友は宮崎県、鹿児島県産のかば焼きを1696円(税込み)で販売している。前年に比べ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報