/

この記事は会員限定です

全農コメ値上げ 農家保護へ政官が圧力(真相深層)

買い手反発、苦肉の小幅

[有料会員限定]

全国農業協同組合連合会(全農)は秋に収穫する2015年産米の卸向け販売価格を14年産に比べ引き上げる。値上げは3年ぶりだ。コメの需給が緩んでいる中での値上げには、米価回復を求める生産者や自民党の圧力が働いた。消費者のコメ離れを懸念する需要家の声もあり、全農は上げ幅を小幅に抑えた。

「コメ余りの解消が見通せず、卸は買い付けに慎重になっている」。主要コメ卸でつくる全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン