2019年4月24日(水)

中国産マツタケ、卸値3割高 現地需要増と天候不順

2017/8/23 11:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

秋の味覚の一つ、中国産のマツタケが高値になっている。中国国内の需要が伸びていることに加え天候不順で生育が遅れ、卸価格は前年に比べ3割高い。外食産業を中心に仕入れコストの増加につながりそうだ。

8月中旬時点の東京市場の入荷量は前年同時期に比べ1割減り、卸値は同27%高い1キロ6840円だった。年にもよるが、国内のマツタケの流通量は中国産が半数を占める。出回りのピークは8~10月と、国産に比べ店頭に…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報