/

東京の原油先物が急落、一時取り引き中断

東京商品取引所の原油先物は18日、急落して始まった。取引の中心の期先物は1キロリットル2万5790円を付け、前週末の清算値と比べ2520円(8.9%)安い。下げ幅が大きいため、取引開始直後から売買を一時停止するサーキットブレーカーも発動された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン