/

この記事は会員限定です

輸入小麦値下げ、消費者に恩恵届かず?

商品部 岩本貴子

[有料会員限定]

世界の小麦の豊作を受け、農林水産省が決めた輸入小麦の値下げの恩恵を日本の消費者が受けられない可能性が高まっている。国が輸入して製粉会社に売り渡す際の、売り渡し価格は10月以降引き下げが決まっている。製粉会社から小麦粉を仕入れる製パン会社などの値下げ期待は強まっているが、7月に値上げしたばかりの製粉会社の動きは鈍い。

輸入小麦は、「国産小麦の不足分を補うため」(農水省)国が一括して管理し、4月期と1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン