/

この記事は会員限定です

香料価格高騰、バニラ3年で5倍以上 荒天や新興国需要で

[有料会員限定]

菓子や飲料に使う香料の価格が高騰している。産地の荒天や病害、人件費の上昇で原料の収穫が落ち込む一方、新興国の経済成長で使用が増えている。アイスクリームや洋菓子に欠かせないバニラの国際価格は3年間で5倍以上に跳ね上がっており、製菓会社の商品戦略にも響きそうだ。

バニラの世界生産の約8割を占めるマダガスカル産の国際価格(高級品)は現在1キロ400~500ドルに上昇し、過去最高値圏で推移している。貿易統計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン