2017年11月18日(土)

国産合板7カ月ぶり上昇 卸価格5%、最大手の値上げ浸透

2017/9/13 21:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 住宅の内装材に使う国産合板の流通価格が7カ月ぶりに上昇した。最大手のセイホクグループの値上げが浸透した。政府が打ち出した国産材振興策を受け、国産合板の需要は増加が続いている。輸入合板も環境規制の影響で先高観が強く、合板価格は上昇基調が鮮明になってきた。

 国産針葉樹合板の指標となる構造用合板(厚さ12ミリ)の問屋卸価格は現在、1枚1060~1080円。前月に比べ50円(5%)上がった。流通価格の上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

卸価格国産合板合板値上げ浸透ナイス



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報