/

この記事は会員限定です

新築オフィスに不足感 完成前のビルにも需要

[有料会員限定]

オフィスビル市場で2015年以降に完成する新築ビルへの移転計画が相次いでいる。楽天やヤフー・ジャパンなどの有力企業が移転を決めた。東京都心部の空室率が6%台前半と約5年ぶりの水準まで低下。特に耐震性が高く最新のIT(情報技術)環境を備えた新築ビルは不足感が強い。移転希望の企業が来年以降の物件に食指を動かす傾向が強まっている。

オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)によると東京都心5区(千代田、中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン