トランプ相場、商品波及 アルミや穀物上昇
1兆ドル投資・貿易規制に思惑

2017/2/21 13:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「米国第一」を掲げるトランプ米政権の姿勢が世界の商品市況を動かしている。国内のインフラ投資や中国産への反ダンピング(不当廉売)課税を巡る発言で、アルミニウムの国際価格は上昇。穀物も中国との貿易摩擦をにらんで高値が続く。市場の思惑が荒い値動きを生み、日本国内の市況にも影響を及ぼしている。

2月9日、トランプ大統領は航空業界幹部をホワイトハウスに集めた。「時代遅れの航空システム、空港、列車、劣悪な道…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]