砂糖卸値、原料安で3年ぶり下落 下げ幅は1%

2015/10/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

砂糖の卸値が3年3カ月ぶりに下落した。東京地区の上白糖は1キロ当たり2円下落し、同183~184円となった。原料となる粗糖(精製前の砂糖)の国際相場が7~9月期に弱基調だったのを映した。ただ、下げ幅は約1%と小幅なうえ砂糖は消費が構造的に減少している。小売価格の下げにつながるかどうかは不透明だ。

製糖最大手の三井製糖は5日から問屋への出荷価格を1キロ当たり2円引き下げた。日新製糖や大日本明治製糖…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]