2018年11月19日(月)

ドバイ原油下落、リーマン後の安値に並ぶ 値引き競争過熱

2015/12/14 11:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジア市場で指標となるドバイ原油のスポット価格が14日、前週末比1.30ドル安い1バレル33.80ドルまで下げ、2008年12月に付けたリーマン・ショック後の安値に並んだ。供給の過剰が長引き、産油国の値引き競争が過熱している。

東京商品取引所のドバイ原油先物も14日午前、6年8カ月ぶりに1キロリットル3万円を割り込んで推移している。

4日の石油輸出国機構(

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報