/

金急騰、1338ドル トランプ氏当選で1カ月半ぶり高値

金の国際価格は米大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補の当選確定を受け、急騰した。指標となるニューヨーク市場の先物価格は日本時間9日夕の時間外取引で前日比60ドル強上げ、一時1トロイオンス1338ドルと1カ月半ぶりの高値をつけた。

1日の上げ幅としては、6月に英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を決定した時以来の高い水準となる。市場ではリスク回避の姿勢が強まり、ドルが売られ安全資産とされる金の買いが広がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン