/

この記事は会員限定です

バナナ・パクチー…意外な国産品続々 安全・高品質

[有料会員限定]

これまで輸入に頼ってきた農産物を国産化する動きが相次いでいる。バナナやパクチー、イタリア野菜が代表例だ。輸入品より価格は高めだが、品質の良さや安全性といった付加価値の高さを訴えている。消費者の国産志向の強さもあり、売れ行きは好調だ。

岐阜県の温泉郷にある奥飛騨ファーム(高山市)はバナナの国産化に取り組んでいる。温泉の蒸気を利用して、温室内の温度をバナナの生育に適した30度程度に維持している。1カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン