/

WTI原油が12年ぶり安値 時間外で一時32.1ドル

ニューヨーク先物市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は7日の時間外取引で一時、1バレル32.1ドルと2008年のリーマン・ショック時につけた安値(32.4ドル)を下回った。03年12月以来およそ12年ぶりの安値を記録した。

すでに中東産ドバイ原油、北海ブレント原油といったアジアや欧州の指標原油はリーマン後の安値を下回っている。WTIも下回ったことで、世界の3大指標原油がすべて04年以来の低水準になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン