2019年6月21日(金)

16年度の輸入米入札、4年連続売れ残り 落札量は増える

2017/3/3 18:31
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は3日、2016年度第6回の輸入米の売買同時入札(SBS)を実施した。外食向けの国産米が不足しているのを背景に輸入米への需要は底堅く、4万2385トンの予定数量に対して16年度最多となる1万5699トンが落札された。

今回で16年度は最後のSBSとなり、合計落札量は7万3314トン。前年度の2.5倍になったが、4年連続で売れ残りが発生した。民間への売り渡し価格は1キロ約158円(一般米の加重平均)。2月に実施した前回入札に比べ6円下がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報