/

この記事は会員限定です

金属・食品企業、デリバティブ活用拡大 原材料価格変動に備え

[有料会員限定]

デリバティブ(金融派生商品)を使い原材料の価格変動リスクを回避する企業が金属や食品業界で目立つ。住友電気工業日清オイリオグループはデリバティブの利用額を5年で2~6倍に伸ばした。地政学リスクの拡大などで国際商品の値動きは激しい。金融取引で影響を抑制し、収益の安定につなげる狙いだ。

商品デリバティブは先物取引などで価格を固定する金融取引。国際商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン