/

この記事は会員限定です

クロマグロによる漁業支障訴え 規制合意の内幕

[有料会員限定]

【釜山(韓国)=佐々木たくみ】太平洋クロマグロの資源管理のあり方を話し合う国際会議「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の北小委員会が1日、韓国・釜山で閉幕した。日本はクロマグロの親魚の資源量に合わせて漁獲枠を柔軟に増減させるという新ルールを提案。当初は苦戦が予想されていたが、合意に至った。会議後、水産庁の太田慎吾資源管理部審議官と、宮原正典農林水産省顧問(北小委員会議長)が現地で記者会見し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン