/

智弁学園が初優勝、2-1でサヨナラ勝ち 選抜高校野球

第88回選抜高校野球大会最終日は31日、甲子園球場で智弁学園(奈良)―高松商(香川)の決勝を行い、智弁学園が延長十一回、2-1でサヨナラ勝ちし、春夏通じて初優勝を飾った。

智弁学園は二回、内野ゴロの間に1点先制。十一回に1人で投げ抜いてきた投手の村上がサヨナラ二塁打を放ち熱戦にけりをつけた。高松商は八回、米麦の中前適時打で一度は追いついたが、好投の浦が最後に力尽き、56年ぶりの優勝はならなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン