/

サッカーU-23代表、韓国に逆転勝ち アジア選手権優勝

【ドーハ=本池英人】サッカー男子のリオデジャネロ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権最終日は30日、ドーハで決勝を行い、ともにリオ五輪出場を決めている日本は韓国を3-2で下して優勝した。

準決勝から先発メンバーを4人入れ替えた日本は、前半の20分に今大会6試合目にして初めて先制点を許した。後半も開始早々に追加点を奪われたが、浅野(広島)、矢島(岡山)が立て続けにゴールを奪って同点。さらに浅野がこの日2点目となる決勝ゴールを左足で決めた。

今大会の日本は戦前から苦戦を予想する声が多かったが、先発メンバーを試合ごとに大きく入れ替える手倉森監督の采配もさえ、1次リーグを3連勝で突破。準々決勝でイランを延長の末に下し、準決勝はイラクに競り勝って6大会連続10回目の五輪出場を獲得した。

リオデジャネイロ五輪の男子サッカー競技は各大陸の予選を勝ち抜いた16チームが出場し、8月4日に開始。決勝は2014年ワールドカップ(W杯)の舞台にもなったマラカナン競技場で行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン