/

豪栄道、大関昇進へ 大相撲

豪栄道は琴奨菊を寄り切りで破る(27日、愛知県体育館)=共同

大相撲の東関脇豪栄道(28)=本名・沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の名古屋場所後の大関昇進が27日、決定的となった。千秋楽で大関琴奨菊を破って12勝3敗とした。昇進問題を預かる日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は取組前に、琴奨菊戦で勝てば大関昇進を諮る臨時理事会の開催を北の湖理事長(元横綱)に要請すると明言していた。

昭和以降単独1位の14場所連続で関脇を務める豪栄道は今場所、白鵬と鶴竜の両横綱を破った。今年は春場所で12勝、夏場所で8勝を挙げており、直近3場所の合計は32勝。昇進の目安は合計33勝とされるが、伊勢ケ浜部長は「ずっと三役を務めていて実力も認められる。今後もまだまだ強くなるという期待もある」と高く評価した。

相撲協会は30日に名古屋市内で臨時理事会を開き、大関昇進を正式に決める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン