スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

「見えない力働いた」 稀勢の里、けが越え連覇

2017/3/26 20:39
保存
共有
印刷
その他

表彰式での君が代大合唱に、稀勢の里は涙でクシャクシャになった。「自分の力以上のものが出た。見えない力が働いた」。荒れに荒れた春場所の最後、大きなドラマが待っていた。

優勝決定戦に持ち込むには勝つしかない本割。手負いの新横綱を鼓舞する手拍子の中、真っ向勝負が身上の稀勢の里が右に変わった。照ノ富士に差されて頭をつけられたが不成立。2度目の立ち合い、「同じことはできない」と左に飛んだ。

頭を下げての懸…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲春場所のため、JR新大阪駅に到着した力士たち。新型コロナウイルスの感染拡大で、大半がマスクを着用していた(2月23日)=共同

 日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大により開催の可否が検討されている大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)について「状況は厳しくなっている。相 …続き (13:26)

時津風部屋への出稽古で、鶴竜(左)の攻めを受ける朝乃山(27日、大阪市東成区)=共同

 大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け、大関昇進に挑む関脇朝乃山が27日、大阪市東成区の時津風部屋に出稽古し、横綱鶴竜、平幕千代大龍らと12番取って3勝9敗だった。鶴竜には6戦全 …続き (27日 16:01)

時津風部屋での出稽古を終え、取材に応じる横綱鶴竜(26日、大阪市東成区)=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本相撲協会が春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の開催可否について、無観客での実施や中止の選択肢を含めて3月1日の臨時理事会で決定する。不透明な状況に …続き (26日 17:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]