/

県岐阜商・高橋はソフトバンク 高山は阪神 ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議は22日、東京都内で行われ、1巡目で交渉権獲得希望球団が重複しなかった桜井俊貴投手(立命大)=巨人、岡田明丈投手(大商大)=広島、今永昇太投手(駒大)=DeNA、多和田真三郎投手(富士大)=西武、吉田正尚外野手(青学大)=オリックスの指名が確定した。

中日など3球団競合の末、高橋純平投手(県岐阜商)はソフトバンク、ヤクルトと阪神が競合した高山俊外野手(明大)は阪神、2球団が競合した平沢大河内野手(仙台育英)はロッテが交渉権を獲得した。

高橋の抽選で外れた日本ハムと中日は小笠原慎之介投手(神奈川・東海大相模)でも競合、抽選の末、中日が交渉権を獲得。日ハムは上原健太投手(明大)、高山の抽選で外れたヤクルトは原樹理投手(東洋大)、平沢の抽選で外れた楽天はオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一)を指名した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン