/

野球・ソフトなど1次選考を通過 東京五輪追加種目

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、開催都市として提案できる追加種目の1次選考結果を発表し、応募があった26の国際競技連盟(IF)から野球・ソフトボール、ボウリング、空手など8つのIFが通過した。8月にIFにヒアリングを行って候補を絞り込み、9月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に追加種目を提案する。

ほかに最終選考に残ったのはローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、武術。組織委は先月、IOC承認団体で現在夏季五輪で競技が実施されていない33のIFを対象に応募を受け付けてきた。東京大会での実施希望種目や運営方式、国内競技人口などで書類審査を行い、22日午前に開いた検討会議(座長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)で決定した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン