/

競歩・荒井、銅メダル確定 失格から一転

日本側の抗議で裁定覆る

【リオデジャネイロ=合六謙二】リオデジャネイロ五輪の陸上男子50キロ競歩が19日行われ、昨年の世界選手権4位の荒井広宙(自衛隊)がこの競技で日本初のメダルとなる銅メダルを獲得した。3着でゴール後、カナダ選手の歩行を妨害したとして一度は失格になったが、日本側の抗議で裁定が覆った。

荒井は45キロを過ぎてエバン・ダンフィー(カナダ)に追い越され、抜き返そうとした際に接触、ダンフィーがよろめく場面があった。これを受けてレース後にカナダ側が荒井による妨害行為を主張、レースの審判長が抗議を受け入れて一旦は荒井を失格とする裁定が下った。

この裁定に今度は日本チームが抗議。国際陸連の複数の上訴審判員が妨害行為の有無についてレースの映像を元に協議した結果、妨害行為は認められず、当初ゴールした順位が最終結果となることが確定した。

荒井は「悪いことをしたとは思っていなかった。結果として銅メダルを取れて感謝している」と話し、日本の陸上チームの麻場一徳監督は「アンフェアなことをする選手ではない。裁定が覆ったのは当然の結果」と評価した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン