/

日本、韓国に逆転負け 野球「プレミア12」

韓国戦の9回、適時二塁打を打たれた則本(19日、東京ドーム)=共同

野球の国際大会「プレミア12」は19日、東京ドームで準決勝が行われ、日本は韓国と対戦し、3-4で逆転負け、決勝進出を逃した。韓国とは1次ラウンドB組初戦に続き、今大会2度目の対戦だった。

日本は四回に平田(中日)の左前適時打などで3点を先行。先発の大谷(日本ハム)は7回1安打で無失点、5者連続を含む11奪三振という快投をみせたが、2番手の則本(楽天)が九回に打ち込まれるなど救援陣が踏ん張れなかった。

準決勝のもう1試合の米国―メキシコは20日、決勝と3位決定戦は21日に東京ドームで行われる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン