/

粘る日ハム「逆王手」 中島、執念の勝ち越し打

同点のまま延長に突入した日本ハム。引き分けでも日本シリーズ進出が断たれるという状況で迎えた十一回、中島が勝ち越し打を放ち、チームの望みをつないだ。

ミランダの四球、谷口、大野の連打でつくった2死満塁の場面で、中島の打順が回ってきた。マウンドにはソフトバンクの抑えサファテ。初球の直球には手が出ず、「まっすぐが速いのでタイミングを早くとった」という4球目。「直球が内に入ってきたので、いい感じでとらえられた」という打球は右前に。2者が本塁を踏み、試合を決めた。

「一つのプレーで流れが変わる」と感じているCSの戦い。2番打者として犠打を決めるなどのつなぎの役割は果たしているものの、納得できる打撃はできていなかった。七回には西川の三塁打で1点差に追い上げ、一気に同点という期待もかかった2死三塁という場面で空振りの三振。再び回ってきた好機に「自分で決めてやろう」と気持ちを奮い立たせ、ようやく一本が出た。

好機で凡退を繰り返す後輩を「苦しんでいる」と見ていたのが稲葉だ。シーズンが終わるかどうかがかかった場面での打席は、ベテランの目には「試練」と映った。その重圧の中で放った勝ち越し打を「タク(中島)の野球生活にとって、成長できる一打」と評価する。

4点差をひっくり返しての粘り勝ちで、阪神との日本一決戦への切符の行方は最終戦にもつれ込んだ。「あしたもみんなの力で勝って、日本シリーズに行きたい」。中島はチームの思いを代弁した。(伊藤新時)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン