/

この記事は会員限定です

日ハム、新球場建設を計画 「マイホーム」と一体運営

[有料会員限定]

プロ野球の日本ハムが新球場の建設を検討していることが23日、明らかになった。札幌市が運営を委託する第三セクターの札幌ドームと「大家」「店子(たなこ)」の関係を続けてきた球団にとって、自前の球場は悲願。"マイホーム"があれば看板広告や飲食など球場内収入も得られるだけに、親会社に頼らない独立採算型の経営へかじを切る契機になりそうだ。

日本ハムは2004年に北海道に移転して以来、地域密着を掲げて昨季19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン