スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

大井・的場騎手が通算7000勝 60歳、地方で最年長重賞勝利

2017/5/17 21:17
共有
保存
印刷
その他

史上2人目の地方通算7千勝を達成し喜ぶ的場文男騎手(17日、川崎競馬場)=共同

史上2人目の地方通算7千勝を達成し喜ぶ的場文男騎手(17日、川崎競馬場)=共同

 公営・大井競馬の的場文男騎手(60)が、17日の川崎競馬で行われた重賞、川崎マイラーズ(ダート1600メートル)をリアライズリンクスで勝ち、史上2人目の地方競馬通算7千勝を達成した。地方通算最多勝は佐々木竹見氏(75、引退)の7151勝。また、自身の持つ地方競馬の最年長重賞勝利記録を更新した。

 的場騎手は1973年10月のデビュー。83年に129勝と自身初の3桁勝利をあげると、85年からは32年連続で3桁勝利を記録。2001~04年は300勝を突破し、02、03年と2年連続で地方競馬最多勝。ほかに中央競馬4勝、韓国で1勝がある。

 的場騎手はレース後、「(所属の)大井でやりたかったが、重賞で達成できたのは、関係者とファンの方々のおかげ」と話し、今後の目標については「(佐々木)竹見さんは師匠のような人。近づき、追い越す気持ちでいきたい」と話した。見届けた佐々木氏も「体調に気をつけて、ぜひ自分の記録を破ってほしい」とエールを送った。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

的場文男騎手

競馬 一覧

 第78回菊花賞(22日・京都11R3000メートル芝18頭、G1)枠順が19日に決まり、セントライト記念の優勝馬ミッキースワローは(6)枠12番に入った。
 皐月賞を制したアルアインは(8)枠16番、 …続き (19日 15:25)

 日本中央競馬会(JRA)は16日、2018年のG1レースなどの日程を発表し、日本ダービーは5月27日に東京競馬場で、有馬記念は12月23日に中山競馬場でそれぞれ開催される。
 開催初日は1月6日で、重 …続き (16日 17:24)

第22回秋華賞を制したディアドラ。右は2着のリスグラシュー(15日、京都競馬場)=共同

 第22回秋華賞(15日・京都11R2000メートル芝18頭、G1)3歳牝馬3冠レースの最終戦は3番人気のディアドラ(ルメール騎乗)が2分0秒2で制し、1着賞金9200万円を獲得した。ルメール騎手、橋 …続き (15日 17:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]