/

テニス三橋元選手、八百長で永久資格停止 罰金も

【ローマ=共同】テニスの不正監視団体、TIUは16日、男子の三橋淳元選手(27)に対し、八百長行為を働くなど不正防止規定違反があったとして、永久資格停止と罰金5万ドル(約565万円)の処分を科したと発表した。三橋元選手のシングルス世界ランキングは2009年に記録した295位が最高。

TIUによると、15年11月に南アフリカで行われた下部ツアー大会で、かつて自身がコーチを務めた選手を通じ、シングルスは2千ドル、ダブルスは600ドルで敗退行為をするよう他の選手に働きかけた。同年12月のナイジェリアでの下部ツアー大会では直接、選手に八百長を持ち掛けた。

15年にはテニスの試合に対する賭けを76件行っていたことも分かった。テニス選手が試合に対して賭け行為をすることは禁じられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン