/

錦織が「銅」 テニス日本勢96年ぶりメダル

リオデジャネイロ五輪のテニス男子シングルス3位決定戦が14日行われ、第4シードの錦織圭(日清食品)は第3シードのナダル(スペイン)と対戦、6-2、6-7、6-3で下し、銅メダルを獲得した。

五輪での日本勢のメダルは、1920年アントワープ大会で熊谷一弥が男子シングルスで銀を、熊谷が柏尾誠一郎と組んだ同ダブルスで銀メダルを獲得して以来、96年ぶりとなった。

テニス男子シングルで銅メダルを獲得し日の丸を掲げる錦織=写真 柏原敬樹

錦織は第1セットで5ゲームを連取するなど試合を優位に進めた。しかし、第2セットを5-2とし、勝利まであと1ゲームとしてからショットにやや安定感を欠きタイブレークにもつれながらも落とした。第3セットは錦織がペースを取り戻し、最後は力強いサーブを放って試合を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン