/

日本、4-0でパレスチナ下す サッカー・アジア杯

サッカーのアジアカップ1次リーグD組、日本―パレスチナが12日、オーストラリアのニューカッスルで行われ、日本が4-0で今大会初戦を制し、2連覇に向け幸先のいいスタートを切った。

日本は8分に遠藤(G大阪)のミドルシュートが決まり先制。25分に岡崎(マインツ)が追加点、44分には本田(ACミラン)がPKを決めて3-0で折り返した。後半は吉田(サウサンプトン)がゴールを決めた。

日本は16日にイラク、20日にヨルダンと対戦する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン