/

金藤が金、萩野は銀 リオ五輪競泳

(更新)
女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤選手(中央)=写真 柏原敬樹

【リオデジャネイロ=田村城】競泳の女子200メートル平泳ぎ決勝が11日行われ、27歳の金藤理絵(Jaked)が2分20秒30で金メダルを獲得した。リオデジャネイロ五輪の女子競泳陣の「金」は初めて。

金藤はこの種目では、1936年ベルリン五輪の前畑秀子、92年バルセロナ五輪の岩崎恭子以来、3人目の金メダリストとなった。

金藤は4月の日本選手権を世界記録に0秒54と迫る2分19秒65(日本記録)で制し、金メダルが期待されていた。

同100メートル銀メダリストのユリア・エフィモワ(ロシア)が2分21秒97で2位だった。

競泳男子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した萩野選手=写真 柏原敬樹

同日行われた競泳の男子200メートル個人メドレー決勝では、萩野公介(東洋大)が1分56秒61で銀メダルを獲得した。萩野は400メートル個人メドレーの「金」、男子800メートルリレーの「銅」に続き、リオデジャネイロ五輪で3個目のメダルとなった。

藤森太将(ミキハウス)が1分57秒21で4位。惜しくもメダルを逃した。

史上最多21個の五輪金メダルを持つマイケル・フェルプス(米国)は1分54秒66で優勝、競泳史上初の五輪4連覇を達成し、22個目の「金」を獲得した。世界記録保持者のライアン・ロクテ(米国)は1分57秒47で5位だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン