/

中日・和田、42歳11カ月で2000安打 最年長で達成

史上45人目

ロッテ戦の2回に通算2000本安打を達成し、笑顔で花束を手にする中日の和田一浩外野手(11日、千葉市のQVCマリンフィールド)=共同

中日の和田一浩外野手(42)が11日、QVCマリンフィールドのロッテ戦でプロ野球史上45人目の通算2000安打を達成した。あと2本まで迫っていた和田は初回の1打席目で2点左前打。2打席目でも左翼線への安打を放った。42歳11カ月での達成は史上最年長。大学、社会人を経た選手ではヤクルトでプレーした古田敦也、宮本慎也に続き3人目となった。

和田は県岐阜商、東北福祉大を経て、神戸製鋼からドラフト4位指名で1997年に捕手として西武に入団。外野手に転向し、2007年オフにフリーエージェント(FA)で中日に移籍した。昨年8月、右手の骨折で戦列を離れ、残り15本で今シーズンを迎えていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン