/

この記事は会員限定です

自由形、世界水準へ 52年ぶり表彰台

競泳男子800メートルリレー

[有料会員限定]

男子800メートルリレーで日本が52年ぶりに五輪の表彰台に返り咲いた。戦前の競泳王国からの伝統を受け継ぎ、1964年東京五輪で唯一獲得したメダルがこの種目だった。それ以来となる銅メダルは近年の強化策の結実といえる。アンカーの松田丈志は「これで日本も競泳大国といわれるようになっていくと思う」とこのメダルの価値を誇らしげに語る。

日本勢が自由形で世界に大きく後れを取ってきた象徴に、100メートルにおけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン