2019年2月24日(日)

フィギュア

フィギュア浅田真央が引退表明 平昌五輪待たずに

2017/4/10 23:47
保存
共有
印刷
その他

自身の公式ブログで引退を表明した浅田真央(2014年2月)

自身の公式ブログで引退を表明した浅田真央(2014年2月)

フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリスト、浅田真央(26=中京大)が10日、自身の公式ブログで競技からの引退を表明した。国民的人気を誇ったヒロインは、来年の平昌冬季五輪を前に大きな決断を下した。

浅田は1990年、愛知県出身。姉の舞さんと一緒に5歳でフィギュアスケートを始めた。代名詞となった大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器にジュニア時代から活躍。2005年に世界ジュニア選手権に初出場初優勝すると、翌シーズンにはグランプリ・ファイナルも制した。年齢制限で06年トリノ冬季五輪には出場できなかった。

08年に世界選手権を初制覇し、満を持してバンクーバー五輪に出場。だが、キャリア最大のライバルでもあった同い年の金妍児(韓国、キム・ヨナ)に次ぐ2位となり、金メダル獲得はならなかった。

11年には競技活動を支えてくれた母の匡子さんが死去。悲しみを乗り越えて競技を続け、バンクーバー冬季五輪の雪辱を期した14年ソチ冬季五輪では16位と出遅れたショートプログラムから圧巻の巻き返し。結果は6位に終わったが、フリーでの迫真の演技は勝敗を超越したスポーツの感動と共感を世界中に呼び起こした。

その後、休養期間を経て現役を続行。しかし、今シーズンは不振が続き、全日本選手権では12位に終わり、世界選手権出場を逃していた。

浅田真央の演技。(左上から右下へ)2005年、06年、07年、08年、09年、10年、11年、12年、13年、14年、15年、16年=共同

浅田真央の演技。(左上から右下へ)2005年、06年、07年、08年、09年、10年、11年、12年、13年、14年、15年、16年=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

女子SP 演技する紀平梨花(23日、ハーグ)=共同

 【ハーグ(オランダ)=共同】フィギュアスケートのチャレンジ・カップ第3日は23日、オランダのハーグで行われ、女子ショートプログラム(SP)で16歳の紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセル( …続き (9:29)

調整する紀平梨花(22日、ハーグ)=共同

 【ハーグ(オランダ)=共同】フィギュアスケートのチャレンジ・カップは23日、オランダのハーグで女子ショートプログラム(SP)が行われる。今季のグランプリ(GP)ファイナルと四大陸選手権で優勝した16 …続き (23日 9:47)

アドバンスド・ノービス女子で優勝した本田紗来のフリー(22日、ハーグ)=共同

 【ハーグ(オランダ)=共同】フィギュアスケートのチャレンジ・カップ第2日は22日、オランダのハーグで行われ、ジュニア女子で前日のショートプログラム(SP)首位の横井ゆは菜(愛知・中京大中京高)がフリ …続き (22日 23:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]