その他スポーツ

桐生、走法の改良重ねて快挙達成

2017/9/9 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高速で脚を回転させる桐生の走りは、京都・洛南高の入学当初から変わらない。ただ、当時は体幹を含めた上半身の筋力が弱く、すぐに上体がのけ反る悪癖があった。

反っくり返って「足の爪先でちょんちょん地面をつく」(洛南高の柴田博之監督)走りを続けていてはタイムの向上は見込めない。改善のきっかけは、大きい歩幅で跳ねるように走る「バウンディング」などのトレーニングを取り入れたことだった。

走り幅跳びで1988…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)大阪は9日、新たに4選手が新型コロナウイルスに感染したと発表した。プライバシー保護のため、名前などは非公表。いずれも軽症という。入院先が決まるまで4選手は自 …続き (9日 23:13)

 日本陸連の強化委員会は9日、新型コロナウイルス感染拡大のために延期した日本選手権を9月下旬から10月上旬に開催する方針を再度確認した。11月末までは東京五輪の参加標準記録対象期間にならないが、麻場一 …続き (9日 20:42)

 バスケットボール男子Bリーグの大河正明チェアマンが9日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今季は途中終了となったことを受け「来季は耐える1年間になる。(1部、2部の)36チ …続き (9日 18:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]