/

日本、1次リーグどう戦う 初戦は強豪の南ア

(ラグビーW杯開幕特集)

日本が1次リーグ初戦で当たるのは南アフリカ。今回も参加20チームで最も大きく力強い集団だろう。史上最多3度目の優勝を狙う力はある。ただ、近年の大会を見ると、1次リーグはチームがまだ調整段階にあることが多い。日本の勝ち目は薄いが、まずは肉弾戦である程度、対抗できる自信をつかみたい。

2戦目のスコットランドはイングランドと並び、代表チームは世界最古の歴史を持つ。堅実で勝負強いが、俊敏性と持久力で勝負する「ジャパン・ウエー」が最も有効な相手だろう。中3日という過密日程への対応と戦術がうまくはまれば、勝機はある。

3戦目に当たるサモアは個のパワーでは南アに肩を並べる。強烈なハードタックルは打ち所が悪いと選手の体を破壊しかねない。精神的な波があるだけに、日本は鍛えてきたスクラム、ラインアウトで重圧を掛けてボールを奪取、攻撃の時間を長くしたい。

最終戦の米国は唯一、日本が格上。ただ、体格や運動能力に優れた選手がそろう。大会中の体調管理を含めたチームのマネジメントが問われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン