2018年11月21日(水)

佐藤名人、ソフトと対局 最後の将棋電王戦が開幕

2017/4/1 11:18
保存
共有
印刷
その他

将棋プロ棋士の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA」の2番勝負、第2期電王戦の第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で始まった。

将棋の第2期電王戦第1局で、コンピューターソフト「PONANZA」と対局する佐藤天彦名人(1日午前、栃木県日光市の日光東照宮)=共同

今年限りとなる電王戦は、最も伝統ある名人とソフトの対決が初めて実現した。タイトル保持者とソフトの対局は、2007年に渡辺明竜王が勝利して以来。棋士とソフトが戦う電王戦は12年に始まり、タイトル保持者が出るのは今回が初となる。

電王戦での対戦成績は、ソフトが12勝5敗1引き分けとリードしている。昨年、初タイトルを獲得した佐藤名人が意地を見せることができるか。

対局は1日制で、持ち時間は各5時間。1日夜には終局の見込み。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報