/

ジャーナリスト常岡浩介さん、イラクで拘束 現地当局に

外務省は31日、イラク北部でジャーナリストの常岡浩介氏(47)がクルド人自治政府に拘束されたと明らかにした。外務省は「できるだけ早く面会をさせてほしい」と申し入れているという。

常岡氏は過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点モスルの奪還作戦を取材していたとみられるが、外務省は「イスラム過激派に拘束されたわけではない」と強調。「すぐに命に別条があるわけではないと考える」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン