基礎研究への支援訴え 国立大理学部長が声明

2016/10/31 21:30
保存
共有
印刷
その他

東京大など全国の国立大学の理学部長らで構成する「国立大学法人理学部長会議」は31日、基礎研究への支援を訴える声明を発表した。「役に立つ」ことを前提とした応用研究や短期的なテーマに研究資金が偏っていると指摘。基礎科学を推進するため、国立大の主な収入である運営費交付金の削減をやめるよう求めた。

基礎研究の重要性は今年のノーベル生理学・医学賞に決まった大隅良典東京工業大学栄誉教授も訴えている。都内で記者会見した岡田哲男・東工大理学院長は「運営費交付金の削減が続けば研究者が減り続け、大学の学問分野を維持できなくなる」と訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]