9人死亡の岩手・岩泉町、避難指示出さず 台風10号

2016/8/31 23:40
保存
共有
印刷
その他

台風10号の被害で9人が死亡した岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」のある地域に対し、町が避難指示や勧告を出していなかったことが31日、わかった。町内ではさらに2人が行方不明となっており、町の対応の検証が求められそうだ。台風の死者は岩手県内でほかに2人が死亡し計11人。行方不明者は北海道の3人を含め計5人で、懸命の捜索活動が続けられている。

台風10号の大雨の影響で小本川が氾濫し、高齢者施設から自衛隊のヘリコプターで救出される入所者ら(31日午後、岩手県岩泉町)=共同

台風の影響で東北や北海道では局地的に激しい雨が降り、国土交通省によると17河川が氾濫するなどした。

岩手県の内陸部にある岩泉町は30日午前9時、町内全域に避難準備情報を出した。午後2時には町役場の北側の地区に避難勧告を発令。しかしホームがある東側は「大丈夫と思った」(伊達勝身町長)と、避難指示や勧告を出さなかった。

岩手県によると、ホーム近くの小本川(おもとがわ)の水位は暴風雨の影響で30日夜に急上昇した。ホームから約4キロ離れた観測所では、台風が岩手県沿岸に上陸した午後6時には約3.2メートルだったが、午後7時ごろには堤防の高さ約4.9メートルを超えて氾濫し、最大で約6.6メートルになった。

伊達町長は取材に「残念ながら油断していた。避難指示を出していれば助かったかもしれない。申し訳ない」と話した。

また、ホームには30日午後6時ごろ胸の高さまで濁流が押し寄せていたが近づけず、31日朝まで約11時間救助活動ができなかったことが分かった。ホームを運営する社団医療法人の佐藤弘明常務理事が証言した。

ホーム内には車いす生活の2人を含む入所者9人(男性2人、女性7人)と50代の女性職員1人がいたが、電話がつながらず、警察や消防に救助を要請できなかった。

約11時間後の31日午前5時ごろ、水がある程度引いたためホーム内に入ると、9人は既に亡くなっていた。女性職員はそのうち1人を助けようと抱きかかえながら生存していた。

ホームは木造平屋。非常時には、隣接する3階建ての高齢者施設に移動する決まりになっていたが、避難マニュアルはなく、この施設も2階まで浸水した。佐藤常務理事は「どんどん水かさが上がって逃げられなくなった。私の判断が遅かったのが原因で、ご家族には本当に申し訳ない」と謝罪した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]