最適ながん治療、AIが指南 がん研究会など開発へ

2017/2/1 9:26
保存
共有
印刷
その他

公益財団法人がん研究会などは1日までに、がん患者のゲノム(全遺伝情報)を解析し人工知能(AI)で最適な治療法や薬を選ぶシステムを開発すると発表した。一人ひとりの患者に合わせ、最も効果が高く副作用が少ない治療を医師に示すことで、がんによる死亡率の低減や医療費の適正化につなげる。2021年末の実用化を目指す。

医療データ解析などを手がけるFRONTEOヘルスケア(東京・港)と共同開発する。同社が開発するAIが専門家が良質と判断した論文を読み込んで学習。患者の血液などを解析して得たゲノム情報と照らし合わせ、患者に最適な治療法が書いてある論文を探して医師に示す。

まず乳がんと肺がんで研究を始める。保険の適用外だったり、臨床試験(治験)中だったりする薬も探すようにし、治療の選択肢を増やす。

治療などで患者から取る同意書についても、AIが患者の理解度に合わせ説明内容を医師に示すシステムも開発する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]