/

スズキ12万台リコール パトカーから発火も

スズキは31日、エンジン始動スイッチから発火や発煙のおそれがあるとして、「ワゴンR」「ソリオ」など3車種計12万5755台(1999年5月~2010年8月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ソリオにはパトカー2103台も含まれ、発火も起きていた。

他の車種はシボレーにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する「MW」。国交省によると、昨年12月に埼玉県所沢市で埼玉県警のパトカーが発火するなど、06年以降に32件のトラブルを確認した。エンジン始動スイッチ内部の潤滑剤に金属粉が混じるなどして電流が流れやすくなり、ショートして発火や発煙する可能性があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン