2019年1月21日(月)

スズキ12万台リコール パトカーから発火も

2015/3/31付
保存
共有
印刷
その他

スズキは31日、エンジン始動スイッチから発火や発煙のおそれがあるとして、「ワゴンR」「ソリオ」など3車種計12万5755台(1999年5月~2010年8月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ソリオにはパトカー2103台も含まれ、発火も起きていた。

他の車種はシボレーにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する「MW」。国交省によると、昨年12月に埼玉県所沢市で埼玉県警のパトカーが発火するなど、06年以降に32件のトラブルを確認した。エンジン始動スイッチ内部の潤滑剤に金属粉が混じるなどして電流が流れやすくなり、ショートして発火や発煙する可能性があるという。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報