/

剣道部員への体罰認定 東京地裁、私立高法人などに賠償命令

東京都港区の私立普連土学園高の剣道部員だった女性(23)が、顧問教諭とコーチから体罰を受けたとして、約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は31日、運営する学校法人と2人に計約90万円の支払いを命じた。

判決によると、学園の体育館で合宿中だった2011年7月、顧問は当時2年生だった女性の腹を2回蹴って転倒させ、コーチは竹刀で喉を突いたり、体当たりして転ばせたりした。女性は頸部(けいぶ)挫傷を負い、一時登校できなくなった。

朝倉佳秀裁判長は「原告への怒りや練習態度への不満をぶつける意図があった。教育的指導の範囲を逸脱した体罰に当たり違法だ」と指摘した。

一方、女性が訴えていた心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症は認めなかったほか、当時の校長や法人の理事長の個人責任は否定した。

学園によると、顧問は減給処分後に退職し、コーチは解雇したという。判決については「内容を精査していないためコメントは差し控える」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン